BlogHeader_A2

◆LINE OpenChat Leader Awardとは?

「LINE OpenChat Leader Award」は、LINE オープンチャットにおいて特に活動量が高かったトークルームの管理者様を表彰するもので、今回が第一回目となります。


■評価基準

・活動量はトークルームのメンバー数、トーク量などを基準に査定しております。

・以下のトークルームは受賞対象から除外しております。  
 ― 選考時点で公開設定が「全体公開」でないトークルーム
 ― 2019年夏に開催した「OpenChat 先行利用ユーザー限定 活動量コンテスト」入賞トークルーム

・次回以降は“活動量”以外の基準での「特別賞」を設ける予定です。詳細はコチラをご確認ください。

◆第1回 受賞トークルーム(順不同)

審査対象期間:2020年1月~2020年3月

受賞トークルームの管理者の皆さまには所定の金額の賞金をお贈りいたします。

Miyong(ミヨン)美容コミュニティ♡
ビットコインFX
オンライン夜泣き小屋
スタートアップ界隈
ドラクエウォーク攻略談義
OBS
かのかりOC(単行本)
株の総合雑談
大阪おすすめグルメ
爆裂個人塾長座談会閲覧所

※リンクをクリックすると受賞管理者様のコメントに遷移します。


■オープンチャット事務局よりコメント

オープンチャットは2019年夏のリリースから約9ヶ月、有難いことに大変多くの方に活発にご利用いただいております。

これは今回表彰させていただく方をはじめとする、トークルーム管理者の皆さまの熱心な管理・運営の賜物であり、オープンチャット事務局メンバー一同心より御礼申し上げます。

オープンチャットの特性を最大限に活かしたみなさまの運営の工夫は多岐にわたり、私たちも日々「こんな使い方があるのか!」と驚き、そして発見を目の当たりにしております。

またトークルームのカテゴリー・テーマも非常に幅広く、オープンチャットが老若男女問わず多くの方々にご利用いただいていることを大変嬉しく存じます。今回の受賞トークルームのテーマも、美容・ゲーム・仕事・グルメ・マネー・子育てなどまさに多種多様でした。

この「LINE OpenChat Leader Award」は、これからも第2回、第3回…と続いていく予定ですので、今回惜しくも受賞を逃した方も、ぜひ次回の受賞を目指していただければと思います。また現在トークルームを運営されていない皆さまも、この機会にご自身のトークルームをぜひ開設してみてください。

それでは皆さま、どうぞ引き続きオープンチャットをお楽しみください。


◆受賞者コメント

1.受賞の感想
今回このような機会をいただけてとても嬉しく思います。オープンチャットをまだ知らない方も多いので、もっと広まってたくさんの人に楽しんでもらいたいです。

2.オープンチャットでトークルームを作ったキッカケ・理由
もともとtwitterで美容情報などを発信していましたが、質問や相談をいただくことが多く、また全てにお答えすることが難しかったので、同じように美容に関心の高い人同士で情報交換ができる場があればいいなと思い、みんなが使っているLINEでチャットができるこの機能を試してみることにしました。

コメントの続きを読む 3.トークルームを作って良かったこと・苦労したこと
良かったことは本当にたくさんの方に参加していただき楽しんでいただけていることです。1度参加者の方にアンケートをとった時にも、とても有益で役立っていると言ってくださる方が多かったです。 苦労している点は、参加者が多くなるにつれルールを守れない方や宣伝目的の方、また場の空気にそぐわない発言をされる方などが多くなってくることです。

4.トークルームをうまく運営するために工夫していること
トークルームを作成する段階で、ターゲットやコンセプトをしっかりと決めました。そのおかげで参加者の目的がしっかりとし、みなさんトークしやすい雰囲気になっていると思います。

トークルームはコチラ 1.受賞の感想
とても光栄に思います。こういう形でビットコインを知った方が「やってみたい」とまず一歩踏み出してくれる人が増えると嬉しいです。難しそう、怪しいというイメージが少なからずビットコインにはあると思います。そういう方がオープンチャットに参加することで少しでも不安が払拭されると思います!ありがとうございます。

2.オープンチャットでトークルームを作ったキッカケ・理由
キッカケは無料で情報交換できるような場所があったらいいなと思い作りました。理由はビットコインが知れ渡るにつれて有料のコンテンツが多くなり、一般人は参加しづらくますます市場参入者が減ると思ったからです。サロンなど入らなくてもビットコイン取引はシンプルなんだよということを知ってほしかったからです。

コメントの続きを読む 3.トークルームを作って良かったこと・苦労したこと
良かった点はいろいろな人の情報が共有できる、また記録してメモ代わり使えるということです。分析は十人十色でこういう考えがあるのかと参考になることが多いです。また取引において過去のサンプルは非常に大切で記録したことをいつでも引き出せる、これは最高です!苦労した点は今いいところなのに関係ない話が飛び交うところですかね(笑)オープンチャットだからしょうがないことですが話を遮るわけにもいかないし、そんな時はスルーしてます(笑)

4.トークルームをうまく運営するために工夫していること
最初に信頼できる共同管理者を設定することはとても大事なことだと思います。オープンチャットが詐欺の温床になってはいけないので広告や勧誘は一切禁止で、できるだけ早く消したり強制退去させたりしています。自分一人では追いつかないので共同管理者の方には本当に助けられています。あと楽しくをモットーにしてるので言い争い、喧嘩などは真っ先に止めるようにしています。

トークルームはコチラ 1.受賞の感想
マナーを守り使ってくださる参加者のみなさんと共同管理者のみなさんのおかげです。

2.オープンチャットでトークルームを作ったキッカケ・理由
自分自身、乳児の夜泣きが辛かったからです。真夜中でも夜泣きのお子さんを抱えた者同士 で集まれる場所、話せる場所があればいいなと思っていました。SNSと違いトークテーマを絞ることができ、入退室が自由で気軽に使えるオープンチャットと相性がいいのではないか と考えました。

コメントの続きを読む 3.トークルームを作って良かったこと・苦労したこと
よかったこと: LINEとほぼ同じようにトークできるので、使い方を覚えたり新たなアプリのインストール が不要なこと、本来のLINEの名前と違う名前で入れるので気軽さがあること

苦労したこと: いろんな人たちがかなりの人数いるので、それぞれが望むオープンチャットの雰囲気に 100%は応えられなかったこと

4.トークルームをうまく運営するために工夫していること
管理人があまり出しゃばらないようにすること、自由にトークをしてほしいのでルールを最低限にすることです。

トークルームはコチラ 1.受賞の感想
賞をいただくなんて光栄です!日頃、互助の精神で紳士的にQ&Aをやりとりしているメンバーのみなさん一人ひとりに賞を贈りたいです。私は一番最初にスレを立てただけです。

2.オープンチャットでトークルームを作ったキッカケ・理由
OpenChatがサービスとして公開された時に、物は試しだ!という精神で気軽な気持ちでトークルームを作ってみたところ、1,000名を超える方々に参加していただいて、面白いな―と思いました。匿名で、創業時の悩みを話したいという需要はあるのだな、と感じました。

コメントの続きを読む 3.トークルームを作って良かったこと・苦労したこと
草の根的な「良いインターネット」を感じられて面白かったです!苦労したことは一切ありませんし、今後もないと思います。ルールや枠組みで縛るのではなく、性善説で大人同士としてやりとりをできる場になるといいなーと思ってます。

4.トークルームをうまく運営するために工夫していること
工夫していることは特にありません。一瞬、管理側としてのハンドリングを求められる空気が出てきたことがあったので、その時は「ルールは特にありません!」という唯一のルールを管理人としてビシっ!とアナウンスしたことがあります。

トークルームはコチラ 1.受賞の感想
このような評価をいただけたことを大変うれしく思います。 メンバー数やトーク量が評価されたとのことで、参加いただいているメンバーの皆様、共同管理人を始めルームの管理を相談をさせてもらっている管理メンバーの皆様のおかげで受賞できたものだと思っています。

2.オープンチャットでトークルームを作ったキッカケ・理由
ゲーム攻略サイトの制作、運営を本業としていて、サイトの読者とより密接なコミュニケーションができる場が作れたらと思い作成しました。

コメントの続きを読む 3.トークルームを作って良かったこと・苦労したこと
熱量の高いゲームユーザーの方々が、普段どんなことを考えてゲームをプレイしているかなどを知ることができました。発言量が多く活発で、管理人が会話に入る余裕がなくROM専になってしまっている点が課題です。

4.トークルームをうまく運営するために工夫していること
攻略情報を話し合える場所であるという当初の目的からブレないように、他の話題が多くなるタイミングで、サブグループを立ち上げて誘導するようにしました。 トークルームの管理・運営に関する話題自体も専用のオープンチャットで話し合うようにして、攻略情報以外の話題が極力トークルームに流れないように工夫をしています。

トークルームはコチラ


OBS
award_OBS

1.受賞の感想
数あるオープンチャットの中で、受賞させて頂けるのは大変光栄に思います。

2.オープンチャットでトークルームを作ったキッカケ・理由
美容師の中では店舗間、会社間の壁があり、所属するサロンによって情報取得率の差が生まれ、離職率にも繋がっていました。それを取り払い、学びたい人が学びやすいサービスを作ることで、美容師の価値向上、離職率の抑制をしたかったのが目的です。そんな時、オープンチャットを知りました。

私のメインSNSのInstagramでは、【1:1】の質疑応答できても、【1:n】【n:n】の形は取りにくく、オープンチャットはそれが最適だと思ったのが選ばせて頂いた理由です。

コメントの続きを読む 3.トークルームを作って良かったこと・苦労したこと
良かった点は、
・LINEのアクティブユーザーの多さの恩恵もあり、初動が早かったこと、参加のハードルが下がったこと
・それに伴い、良質な情報が飛び交う場として美容師に認知されたこと
・途中参加の方も、過去トークを見直せること
・1つの質問や意見に対して、複数の方の目に止まり、色んな角度からの意見が聞けること
・匿名なので、コメントに対するハードルが下がること

苦労した点は、
・規模が拡大していくにつれて、参加者同士のキャリアや、OBSに求める内容の相違が生じたこと
 →質問形式をある程度テンプレ化し、会話レベルをボリュームゾーンの意向に合わせた
・トークルーム内で、質問数に対して、回答が間に合わないことが度々生じた
 →僕以外でも、質問に対して、他の参加者が回答しやすいような空気づくりをした

4.トークルームをうまく運営するために工夫していること
匿名で、顔が見れないとはいえ、ユーザーは人なので、対面同様の心配りを全員に徹底してもらっています。
トークルームはコチラ 1.受賞の感想
この度はノミネート有難うございます! まさか表彰して頂ける機会が訪れるとも知らず、殆ど思い付きで始めたOCが、今回一つの実を結び大変光栄です!

2.オープンチャットでトークルームを作ったキッカケ・理由
「作者と密に繋がれる漫画ファンオンラインコミュニティ」があったら面白そうとは以前から思っていて、それをYouTube配信で話していたらファンの方からOCの存在を教えてもらった事がきっかけです。

コメントの続きを読む 3.トークルームを作って良かったこと・苦労したこと
良かった事は、漫画の感想考察や、グッズ等の情報がファンの間で素早くなされる事です。皆でTwitterのトレンドに載せよう!などの試みも面白いです。苦労した点はやはりどうしてもファン同士の揉め事が起きてしまう点と、諸々気になってずっと見ちゃう点ですw

4.トークルームをうまく運営するために工夫していること
気軽に参加できる事が利点なので、設けられたルールを守ってもらう事は勿論なのですが、その中でのある程度自由な発言は許容するようにしています。「見ていて不快に感じない」「交流を活発にする」を両立するのが大変難しく意識している点です。

トークルームはコチラ 1.受賞の感想
この度はLINE OpenChat Leader Awardを頂き、光栄に思います。この栄誉は私個人の力ではなく、このオープンチャットに参加して頂いた全ての方のお陰であると思っております。こういった賞があるのをそもそも知らなかった事もあり、私の趣味の一貫として運営してただけでこのような賞を頂き、大変驚きました。これからもマイペースで運営を続けていきたいと思っております。

2.オープンチャットでトークルームを作ったキッカケ・理由
周りに株式投資の事を話せる人がいなかったので話せる仲間が欲しいと思って作りました。もともとはツイッターのグループDMを利用してたんですが、最大参加人数が少なかったので上限が5,000人まであるLINEオープンチャットに移籍することにしました。匿名で誰でも気軽に参加しやすいのもポイントでした。

コメントの続きを読む 3.トークルームを作って良かったこと・苦労したこと
参加人数が増える事でメリット・デメリットがそれぞれあります。まずメリットはいろいろな情報・意見が集まりやすい事で非常に投資の勉強になる事です。デメリットはいろいろな考えを持った人が参加することでまれに荒れる事があります。デメリットを最小化するためにしっかりとしたルール作りをしております。

4.トークルームをうまく運営するために工夫していること
二つあります。一つ目は投資初心者から上級者まで多くの人が発言しやすいように株に関する話題ならなんでも自由にしてます。二つ目は参加人数が増えるとどうしても荒れてしまう場合があるのでしっかりとした利用規則を作ってそれを遵守するようお願いしてます。

トークルームはコチラ 1.受賞の感想
嬉しいの一言です。こういったアワードがあるのも知らなかったので驚きました。

2.オープンチャットでトークルームを作ったキッカケ・理由
一日に飲食店を5軒はしごするぐらい食べるのが好きで、グルメブログなども運営していたんですが、もっと美味しいお店が知りたいと思って作ったのがキッカケです。今では逆に教える方が多いですが、みなさんの情報ありがたく頂戴しています。

コメントの続きを読む 3.トークルームを作って良かったこと・苦労したこと
良かったことはやはり、皆さんおすすめの美味しいお店の情報が手に入ることですね。あとは「ここで教えてもらった〇〇のお店本当に良かったです!」とかお礼の言葉を頂くととても嬉しく思います。 

苦労した点は荒らし対策です。すぐに退会させないとグループメンバーに迷惑がかかるので、時々目を光らせるようにしています。

4.トークルームをうまく運営するために工夫していること
ルールを特に設けないことです。色々と考えた結果これというルールは作らず自由にやり取りを行う形式を取りました。縛られない方が楽しいですしね。荒らしが出た時の対処は、リアルな友人を数人管理人に設定することですぐに対応できるようにし解決しました。

トークルームはコチラ 1.受賞の感想
現在、メンバーが1,000人弱になったところで、次のステップに行くために、いろいろ工夫していた途中なので、嬉しく思います。

2.オープンチャットでトークルームを作ったキッカケ・理由
匿名性により適度な距離感が保たれるのと、メイン発言者は責任を持つために実名公開を義務としています。その設定の自由度が良いです。

コメントの続きを読む 3.トークルームを作って良かったこと・苦労したこと
日本全国の個人塾がどれだけ深く教育のことを考えているか、の公開ができてよかったです。苦労した点は、認知されるために広告を打ったりしたことですかね。

4.トークルームをうまく運営するために工夫していること
共同管理者を多くすることで、常に多くの人が管理できるので、荒らしにも遭いにくい状態を作れていると思います。 

トークルームはコチラ


◆お知らせ

以下のスケジュールで「第2回 LINE OpenChat Leader Award」を発表します。
今回受賞を逃した方も、次回に向けさらにトークルームを盛り上げていきましょう!

■審査対象期間:2020年4月1日~6月30日
■結果発表
:2020年7月中旬予定


■特別賞について

2回以降は“活動量”だけでなく、ユーザーの皆さまからの“推薦”を反映した「特別賞」を設ける予定です。
おすすめのトークルームがある方は、下記のフォームにてトークルームURLをお送りください。自薦、他薦は問いません。

 

おすすめのトークルーム紹介フォーム



■注意
・以下のトークルームは受賞対象から除外いたします。  
 ― 選考時点で公開設定が「全体公開」でないトークルーム
 ― 2019年夏に開催した「OpenChat 先行利用ユーザー限定 活動量コンテスト」、「第1回 LINE OpenChat Leader Award」入賞トークルーム等、直近一年で何らかの賞を受けたトークルーム